プロフィール

4f02063f

SNS

シントウ テラモト

九州大学 法学研究院 教授

略歴

寺本振透は,弁護士としての実務経験を背景として,工学,医学等の分野の成果物の社会実装の支援に従事しつつ,若い法律実務家および法曹志望者の教育にたずさわっている。

セッション

Society 5.0時代の新たなガバナンスモデルの実現に向けて ~法とコードによるイノベーション

概要

サイバー空間とフィジカル空間が高度に融合していく中、人々の行動を規律するパワーは、法からコードへとシフトしてきている。そのような世界で、法はどのようにコードと向き合い、イノベーションの実現とトラストの確保を両立していけるのか。G20やOECDなどでも共通課題とされている、”Society5.0”時代のガバナスモデルの在り方について、企業、監査、法律、政府、アカデミアの第一線で活躍する専門家が多角的に描き出す。

登壇者

モデレーター

会場

東京都千代田区丸の内 2-4-1
丸ビル, 8F ワークショップ

開催日時

2019年09月05日 午後04:00 - 午後06:00